【サッカー男子】堂安・遠藤・中山のイエローカードはなぜ?南アフリカ戦のレフェリーについても!

東京オリンピック

2021年東京オリンピックでも大注目の男子サッカー!

オリンピック開会式の前日7月22日に南アフリカ戦で初戦を勝利しましたが、なぜか日本はイエローカードを3枚もらってしまいました。

そこでこの記事では、南アフリカ戦での堂安、遠藤、中山選手のイエローカードはなぜ?ということで調査し、南アフリカ戦でのレフェリーについても調べてみました!

誤審とは言わないまでも、ちょっとどうなのかな~と思いましたよね?

ぜひ最後までご覧下さい!

スポンサーリンク

サッカー男子南アフリカ戦でのイエローカードについて!

2021年7月22日の男子サッカー日本×南アフリカ戦での

公式記録のツイートをご紹介します。

こうした記録って見ることができるんですね!かなり貴重な感じです。

・確かに日本側はイエローカード3枚でています

 

 

日本代表が歴史的な勝利の第一歩を南アフリカ戦で飾り、久保選手の神がかったゴールも素晴らしかったですね!

すごいきれいなシュートでゴールポストのはじをしっかり狙ったドライブシュートのようなシュートでした。

しかしここで気になったのは南アフリカ戦でのイエローカードです。

この南アフリカ戦だけで3枚ものイエローカードが出てしまったのですが

一体なぜなのか調査してみました。

遠藤のイエローカード

遠藤選手は、後ろからフェアにアプローチしてくる選手に対して

配慮が足りなかった。相手選手の顔面に手首のあたりをあててしまったということでイエローカード!

えっわざとじゃないし、それほどかな?という内容でしたね。

堂安のイエローカード

https://twitter.com/midnight_walk08/status/1418185780942409732?s=21

解説でも言っていますが、普通にゴール前に入っていっただけですよね。

相手選手と接触していますが、大げさなアピールだったように見えます。

解説でも「本当に痛いときは、声でないですからね!」はまさにその通り。

審判のジャッジに不安が生まれた瞬間。

ベンチの中山のイエローカード

後半、ロスタイム直前での日本側ファールと南アフリカのフリーキックですが、

中山はベンチで大きな声で抗議していたんですね。

それを日本のベンチ側にいた主審がうるさく思ったんでしょうね。

かといってベンチで声だしていただけの選手にイエローカードって、なかなかそこまでの大事だったかな?と思ってしまいます。

なんかレフェリーの主観が入りまくってないかな?とちょっと不信になってしまいますね。

 

スポンサーリンク

南アフリカ戦でのレフェリーは誰?

南アフリカ戦での問題のレフェリーは

・ベネズエラの「バレンズ・エラ」さんという方です。

しかし、この方、結構今まで伝説を残しているレフェリーのようですね。

https://twitter.com/_dorlman22/status/1418190820235116549?s=21

この方は結構やらかしてますね~。

イエローカードだしすぎじゃないですか?

ファールも多いし、なんか怪しいな・・・と感じます。

 

スポンサーリンク

【サッカー男子】堂安・遠藤・中山のイエローカードのや主審のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

この記事では、2021年東京オリンピック、サッカー男子、南アフリカ戦での堂安、遠藤、中山のイエローカードについてやレフェリーについても調査してきました!

なかなか興味深い結果になりましたね~

以下まとめです。

 

・堂安のイエローカードは、
 普通にゴール前に入っていった相手選手と接触!

・遠藤のイエローカー
 相手選手の顔面に手首のあたりをあててしまったということで!

・中山のイエローカードは
 ベンチから大声で抗議しただけ?

・南アフリカ戦のレフリーはベネズエラのバレンズ・エラさん!

 

2021年東京オリンピックでは、男子サッカー最強との評価が高いメンバーがそろいました。

ぜひ金メダルを狙って頑張ってほしいですね!

 

<スポーツクライミング代表>
野口啓代の実家は牧場?彼氏や結婚についても!【スポーツクライミング代表】

野口啓代の握力や筋肉がヤバい?クライミングシューズについても【スポーツクライミング】

野中生萌(みほう)の高校や大学はどこ?彼氏は誰かについても!【スポーツクライミング代表】

 

 

2021年東京オリンピックでは、念願のメダル獲得が期待されますね!

男子サッカーを大いに盛り上げていきましょう!

他の代表選手も含めて全力で応援していきますね!

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。

 

感謝!

コメント

タイトルとURLをコピーしました