【女子サッカー】カナダ12番シンクレアがすごい?プロフィールやレジェンドの理由についても!

【女子サッカー】カナダ12番シンクレアがすごい?プロフィールやレジェンドの理由についても! 東京オリンピック

2021年東京オリンピックにて大注目の選手です!

7月21日の女子サッカーなでしこジャパン初戦のお相手

カナダ女子サッカー代表の「クリスティン・シンクレア」選手。

カナダ本国ではレジェンドと言われているとっても偉大なサッカー選手です。

実力も十分あり、気になりまくりのアスリートさんです!

そこでこの記事では、クリスティン・シンクレア選手のプロフィールやレジェンドの理由についてもご紹介していきます!

ぜひ最後までご覧下さい!

スポンサーリンク

【女子サッカー】カナダ12番シンクレアのプロフィール!

名前 クリスティン・マーガレット・シンクレア
生年月日  1983年6月12日(38歳)
出身地 カナダ・ブリティッシュコロンビア州・バーナビー
両親 ビル・シンクレアと サンドラ・シンクレア
学歴 ポートランド大学 (2001年–2005年)
Burnaby South Secondary School
身長 175 cm
ポジション FW(フォワード)またはMF
星座 双子座
干支 亥年
所属 ポートランド・ソーンズFC

カナダ代表のキャプテンを務めるだけあって、ビジュアルは闘争心むき出しで、戦士って感じがするアスリートさんだと感じます。

シンクレアは1983年6月12日、ブリティッシュコロンビア州バーナビーで生まれました。4歳の時にU-7(7歳未満)のチームでサッカーを始めたのが、きっかけです。

彼女の父ビル・シンクレアと叔父2名はいずれもカナダのアマチュアサッカーで優勝経験があり、叔父のブライアンとブルースはプロ選手としてもプレーしていました。

また父親のビルは、ブリティッシュコロンビア大学およびパシフィックコースト・サッカーリーグ(カナダのセミプロリーグ)でプレーしていました。

また、シンクレアは幼少の頃にバスケットボールや野球もしていたそうです!
バーナビーの少年野球リーグでプレーすると、彼女は地元の11歳以下オールスターチームの二塁手にもなったとのこと。

カナダ女子サッカーとは?

・ベスト 16
・7大会連続 7回目 出場
・過去最高 ベスト 4位 (2003年)
・前回大会 ベスト 8

監督:ビブ・プリーストマン(Bev Priestman)
1986年 4月29日イギリス・コンセット生まれ。
2013年からカナダ女子代表ユース監督を務め、 2018年からイングランド女子代表ユース監督を務めた。
2020年 10月にカナダ女子代表監督に就任した。

東京五輪2020(7月 21日~8月 6日)に向けた代表メンバーを紹介します。

<GK>
・ステファニー・ラベ(Stephanie Labbe) ローセンゴード(スウェーン)
・ケレン・シェリダン(Kailen Sheridan) ゴッサム(アメリカ合衆国)
・エリン・マクラウド(Erin McLeod) オーランド(アメリカ合衆国)

<DF>
・アリシャ・チャップマン(Allysha Chapman) ヒューストン(アメリカ合衆国)
・カディーシャ・ブキャナン(Kadeisha Buchanan) リヨン(フランス)
・ シェリナ・ザドルスキー(Shelina Zadorsky) トットナム(イングランド)
・ ジェイド・リビエール(Jayde Riviere) ミシガン大学(アメリカ合衆国)
・ アシュリー・ローレンス(Ashley Lawrence) パリSG(フランス)
・バネッサ・ジルズ(Vanessa Gilles) ボルドー(フランス)
・ガブリエル・カール(Gabrielle Carle) フロリダ州立大学(アメリカ合衆国)

<MF>
・ レベッカ・クイン(Quinn) レイン(アメリカ合衆国)
・ジュリア・クロッソ(Julia Grosso) テキサス(アメリカ合衆国)
・デシリー・スコット(Desiree Scott) カンザスシティー(アメリカ合衆国)
・ ジェシー・フレミング(Jessie Fleming) チェルシー(イングランド)
・ソフィー・シュミット(Sophie Schmidt) ヒューストン(アメリカ合衆国)

<FW>
・ディアンヌ・ローズ(Deanne Rose) フロリダ大(アメリカ合衆国)
・アドリアナ・レオン(Adriana Leon) ウェストハム(イングランド)
・ クリスティン・シンクレア(Christine Sinclair) ポートランド・ソーンズ(アメリカ合衆国)
・ エベリン・ビエンズ(Evelyne Viens) ゴッサム(アメリカ合衆国)
・ニシェル・プリンス(Nichelle Prince) ヒューストン(アメリカ合衆国)
・ジャニーヌ・ベッキー(Janine Beckie) マンチェスター・シティー(イングランド)
ジョーダン・ハイテマ(Jordyn Huitema) パリSG(フランス)

 

スポンサーリンク

【女子サッカー】カナダ12番シンクレアがレジェンドと言われる理由は?

シンクレアは11歳の時にブリティッシュコロンビア州のU-14女子オールスターサッカーチームに選出され、バーナビー女子サッカークラブを6度のリーグ優勝、5度の州地区優勝、2度の全国大会トップ5に導きました。彼女はバーナビー・サウス中学校に通い、同サッカーチームを3度のリーグ優勝に!

15歳の時、彼女はポートランド (オレゴン州)で開催された1999 FIFA女子ワールドカップの試合に参加しています。

彼女はカナダのU-18代表チームでプレーした後、16歳の時に2000年のアルガルヴェ・カップで正代表としてデビューし、3ゴールで同大会の得点王になった

彼女は2002年CONCACAF女子ゴールドカップでカナダの7ゴールを決め、チーム仲間のシャーメイン・フーパーやポートランドで同僚の米国代表ティフェニー・ミルブレットと共に同大会の得点王タイに並びます。

同年、シンクレアは初開催のFIFAU-19女子世界選手権でカナダ代表に選ばれました!

同大会で達成した彼女の記録的な10ゴールはカナダの準優勝に貢献し、大会得点王のゴールデンブーツと大会MVPのゴールデンボールの双方を彼女が獲得します。

2017年6月には彼女は歴代代表ゴール数の記録で世界第2位にランクしていました!

 

と、これだけの輝かしい実績があるからこそ、カナダ女子サッカーのレジェンドと言われるのでしょうね!理由が分かりました。

スポンサーリンク

【女子サッカー】カナダ12番シンクレアのまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

この記事では、2021年東京オリンピック・カナダ女子サッカー12番

クリスティン・シンクレア選手のプロフィールやレジェンドの理由についてもご紹介してきました!

カナダが誇る素晴らしいレジェンドな選手さんですね~

以下まとめです。

 

・シンクレアは現在38歳。
カナダのブリティッシュコロンビア州・バーナビーの生まれ

・シンクレアは現在ポートランド・ソーンズFCの所属

・シンクレアのレジェンドの理由は
2017年に歴代代表ゴール数の記録で世界第2位に!

 

今回、なでしこジャパンの初戦の相手ということで、めちゃくちゃ注目が集まりましたね!

先制1ゴールしたのには驚愕でした!

今回の2021年東京オリンピックはまだまだ続きます。

これからの活躍にも期待していきましょう!

 

<サッカー女子代表選手の関連記事>
【女子サッカー】カナダ9番ジョーダン・ハイテマってかわいい?プロフィールや美人画像も紹介!

 

2021年東京オリンピックでは、カナダ女子サッカーも、なでしこジャパンとともに競技を盛り上げてくれると信じております!

 

他の代表選手も含めて全力で応援していきますね!

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。

 

感謝!

コメント

タイトルとURLをコピーしました