【カヌー代表】矢澤亜希のプロフィール!ハーフ説や出身地と結婚についても!

【カヌー代表】矢澤亜希のプロフィール!ハーフ説もある出身地と結婚についても! 東京オリンピック

2021年東京オリンピックから競技として追加されたカヌーの「スラローム・カナディアンシングル」という種目で代表に選ばれた矢澤亜季(やざわあき)選手

今回が初めてのオリンピックということで相当気合が入っていると思いますし、これからの注目選手の一人ですよね!東京オリンピックでの活躍が楽しみです。

そこでこの記事では矢澤亜季選手のプロフィールや経歴を紹介するとともに出身高校や中学についても調査してきました!

ぜひ最後までゆっくりとご覧ください。

スポンサーリンク

【カヌー代表】矢澤亜希のプロフィール紹介

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢澤亜季/Aki Yazawa(@aki.yazawa)がシェアした投稿

名前 矢澤亜希(やざわあき)
生年月日 1991年11月5日
性別 女性
身長 156cm
体重 54kg
所属 昭和飛行機工業
出身大学・高校 駿河台大学高校・埼玉東野高校
出身地 長野県
出場予定種目 カヌースラローム女子カヤックシングル
主な戦歴 14年アジア大会3位、18年アジア大会優勝
日本選手権はカヤックシングルで6度、カナディアンシングルで4度優勝
五輪代表歴 リオ五輪
<矢澤亜季さんのSNS>
矢澤亜季公式Instagram

矢澤選手はリオ五輪にも出場されていたんですね!

数々の大会で優勝されており、今回のオリンピックでもメダルが期待されますね。

3歳の時から日本舞踊西川流を習い始めたとのことで、茶道のたしなみもある純日本的な選手です。

矢澤選手はトレーニングと釣りが趣味ということで、3歳から続けている日本舞踊や茶道のたしなみも。
リオ五輪は同じくカヌー選手で僧侶の兄とそろって出場しました!

 

矢澤選手とカヌーとの出会いは小学3年生の時でした。

お父さんとお兄さんの影響を受けて始めたそうです。

中学校まで住んでいた飯田市ですが、近くには天竜川が流れていてとても自然に目踏まれた環境の下で育ちました。

アウトドアが大好きなお父さんですので、週末には自然と遊ぶことが多かったそうです。

お父さんとお兄さんがカヌーをしていたことで、亜季さんも始めました。

特にお兄さんですが、日本代表選手として活躍をされていました。

そのお兄さんもリオデジャネイロ五輪では矢澤亜季と共に出場を果たしています。

カヌーに本格的に取り組んでのは中学校へ進んだ時からで、その時にカヌーを買ってもらったそうです。

中学生時代は部活動に入らなくても良かったため、週末の練習と共に平日の3日間はカヌーの練習に励みました。

それ以外の日は日本舞踊と茶道の練習をしていたそうです。

日本舞踊ですがきっかけはお祖母さんがやっていたそうで、それを見ていた亜季さんは好奇心から興味を覚えて始めたとのことです。

オリンピックを目標にしたのも中学2年生の時で、ジュニア日本代表選手に選ばれた時、海外での試合を経験、楽しさと世界の選手との差を感じたとのことです。

このままでは世界の選手には追い付くことができない、と感じました。

中学校を卒業した後、お兄さんがいた東京都青梅市に上京しました。

大学へ進学した際、留学することも視野に入れていたそうですが、不安もあったので日本に留まり駿河台大学へ進学しています。

その理由は日本で同大学でオリンピック選手がコーチを務めていたことです。

その後めきめきと実力が向上し、2011年にはNHK杯に出場、見事に初優勝を遂げています。

その勢いから臨んだロンドン五輪のアジア最終予選中国大会でしたが、「兄妹でオリンピックに出場したい」との気持ちが強すぎたために、普段通りのパフォーマンスができませんでした。

そのためにオリンピックへの出場は、叶いませんでした。

そのショックから一時は引退も頭にかすめましたが、両親から「もう一回やるなら応援するよ」との温かいことばを受け、カヌーを続ける決意をしたそうです。

このような貴重な経験を活かし、全日本選手権、NHK杯共に4連覇の偉業を成し遂げました。

2014年にはアジア大会に出場し3位に入賞しました。

 

その後は強豪国であるスロバニアに拠点を移して練習に励みました。

スロバニアでは基本練習を繰り返し行ったそうです。

身体の使い方から始まり、ボートの使い方、流れの使い方、ストロークやリーンなどなど、今まで見逃していた基礎からじっくり学んだそうです。

新しいことを習うのはとても新鮮ですが、直すことが難しいとのこと。

しかし自分を変えるためには、何としても直していきたいとの強い意志で励んできたそうです。

コツコツと毎日基礎練習を重ねて、日々前進してきたわけですね。

2016年のリオデジャネイロ五輪では、僧侶をされているお兄さんの一輝選手と共に出場を果たしています。

2018年のアジア大会(ジャカルタ)では、見事に優勝し、金メダルを獲得しました。

日本女子では初の金メダル獲得で、快挙といえますね!

スポンサーリンク

【カヌー代表】矢澤亜希はハーフ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢澤亜季/Aki Yazawa(@aki.yazawa)がシェアした投稿

整った顔立ちや色黒から、矢澤選手はハーフなのではないか?

という疑問が生まれ話題になりましたが、ご両親は日本人です。

なので矢澤選手はハーフではありません

 

日本舞踏西川流をたしなんだり、茶道を学んだりしている大和撫子です。

 

【カヌー代表】矢澤亜希の出身地や結婚してる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢澤亜季/Aki Yazawa(@aki.yazawa)がシェアした投稿

・矢澤選手の出身地は長野県飯田市です。


 高校は埼玉東野高校に進み、大学はカヌーの名門校である駿河台大学へ進学します。出身中学については分かりませんでした。

・結婚についてはとても健康的で美人な矢沢亜季選手ですが、さぞ素敵な旦那様や彼氏がいるのかな、と思って調べてみたのですが、残念ながら情報はありませんでした。

確かに遠征や合宿などで日本国内を離れることも多く、日々のトレーニングや練習にも明け暮れる毎日ですから、なかなか恋愛に時間を作ることは難しいのかもしれません。

それでも情報が表に出ていないだけで、もしかしたら素敵なご主人がいるかもしれませんが。

スポンサーリンク

矢澤亜季のまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢澤亜季/Aki Yazawa(@aki.yazawa)がシェアした投稿

ここまでの内容で【カヌー代表】矢澤亜季選手のプロフィールや出身高校や中学について調査してきました。

以下まとめです。

 

・矢澤亜季は長野県飯田市出身

・矢澤亜季は埼玉東野高校・駿河台大学出身

・所属は昭和飛行機工業

・ カヌースラローム女子カヤックシングル出場

・東京オリンピックのカヌー・スプリント競技は
8月2日(月)~8月7(土)東京・海の森水上競技場で実施

 

<カヌー出場選手の関連記事>
【カヌー代表】佐藤彩乃のプロフィール紹介!経歴・出身高校・彼氏はいる?

【カヌー代表】小野祐佳(おのゆか)のプロフィール紹介!出身高校や中学についても

 

カヌーは今回の東京オリンピックから正式種目として認められました。

その注目の種目で出場する「矢澤亜季」さんには大注目ですね!

ハーフ顔で美人さんなので、ビジュアルでも話題になりそうです。

 

ぜひ、今回の東京オリンピックで頑張っていただき、良い成績を残せることを祈っています。

 

こばブログでは「矢澤亜季」選手を全力で応援します!

 

それでは、最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

 

感謝!

コメント

タイトルとURLをコピーしました