【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の顔画像や経歴を特定!余罪についても!

【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の顔画像や経歴を特定!余罪についても! トレンドニュース
スポンサーリンク

茨城県の境町で、走行中の車から対向車に約2キロのコンクリートブロックを投げ付け

ていたという斉藤雅樹ら男4人のコンクリート投げつけ事件!

世間的にはかなり注目が集まっており、個人的にすごく気になっています!

そこでこの記事では

・【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の顔画像や経歴を特定!
・【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の余罪について

上記の2点について詳しく調査してみました。

※面白半分でコンクリートブロックを投げつけていたというとんでもなく凶悪な事件でした。犯人たちも十分反省し二度とこのような事件を起こしてほしくないですね!

 

それでは最後までゆっくりとご覧ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コンクリート投げつけ事件の概要

茨城県境町で8月、走行中の車から対向車に約2キロのコンクリートブロックを投げ付け命中させたとして、茨城県警は20日、器物損壊容疑で同県古河市、解体作業員斉藤雅樹容疑者(22)ら男4人を逮捕した。

同じ日の夜には境町だけでなく、埼玉県で4件、千葉県で2件、同様の被害が相次ぎ発生しており関連を調べる。

というとんでもない事件が報道されました。10月20日に4人が逮捕されていますが、この事件が起きたのは8月のことなんですね。

現場の茨城県境町

現場の茨城県境町

茨城県でも埼玉県に隣接している地域になります。

 

投げつけられたコンクリートブロック

投げつけられたコンクリートブロック

こんなガチで硬い対向車を運転していた人・・・かなり怖かったと思います。

それではこの斉藤雅樹容疑者ら男4人の顔画像や経歴を見ていきましょう!

スポンサーリンク

【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の顔画像や経歴を特定!

 

【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の顔画像や経歴を特定!

【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の顔画像や経歴を特定!についての調査結果は以下の通りです。

逮捕されたのは以下の4人です。

 

・解体作業員:斉藤雅樹容疑者(22)
・境町の無職の男(20)
・古河市の解体作業員の男(19)
・同市の無職少年(16)

 

※3人の名前はまだ特定は発表されていませんが、続報が出しだい追記いたします。

それでは一人ひとりみていきます。

解体作業員:斉藤雅樹容疑者(22)

 

名前:斉藤雅樹(さいとうまさき)
年齢:2000年生まれ(22歳)
性別:男性
住所:茨城県古河市
職業:解体作業員
職場:不明
罪:器物破損(3年以下の懲役、30万円以下の罰金または科料)

境町の無職の男(20)

名前:不明
年齢:2002年生まれ(20歳)
性別:男性
住所:茨城県境町
職業:無職
職場:不明
罪:器物破損(3年以下の懲役、30万円以下の罰金または科料)

古河市の解体作業員の男(19)

名前:不明
年齢:2003年生まれ(19歳)
性別:男性
住所:茨城県古河市
職業:不明
職場:不明
罪:器物破損(3年以下の懲役、30万円以下の罰金または科料)

同市の無職少年(16)の3人

名前:不明
年齢:2006年年生まれ(16歳)
性別:男性
住所:茨城県古河市
職業:不明
職場:不明
罪:器物破損(3年以下の懲役、30万円以下の罰金または科料)

興味深い結果となりましたね!

 

※調査中です。情報入手しだい追記いたします。

 

次に【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の余罪についてはどうでしょうか?

詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の余罪について

【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の余罪について

【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の余罪についての調査結果は以下の通りです。

 

結論:他に埼玉県で4件、千葉県で2件、同様の被害が同じ日にあった!

 

ということで【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の余罪について詳しく調べてみました。

こちらも意外な結果に驚きましたね!

 

個人的には と考えます。

スポンサーリンク

世間の声

様々な声がありましたので、ご紹介します。

 

極めて悪質な犯行ですね。一歩間違えば死人が出ていても全くおかしくない話なので。怪我人が出ていないから器物損壊で逮捕なのかもしれませんが、走行中の車にブロックを投げつければ人が死ぬかもしれないということは十分予見できるので、殺人未遂で立件してもらいたいですね。日本の甘い法律を見直して今回のようにケースでは器物損壊だとしても20年以上の懲役+罰金1000万又は被害額の10倍どちらか高い方くらいにしたほうがよいでしょうね。罰金を払えない人はその分、懲役を増やす。そして被害者への弁償金を罰金から支払えるようにして残った罰金が国にいくというような仕組みにするのがよいのではないでしょうか。

 

かなりネットで騒がれてたし警察も本気出すしかなかったのかな?しかし悪質もここまでくると事故じゃなく事件だから、完全に殺人未遂適用するレベル、若気の至りでは済まない行為でできれば殺人未遂で起訴できないものか?この手の事件を何件も起こしてるみたいだし、見つかりにくい時間帯などかなり悪質な行為、軽い罰で終わらしてはダメ、下手すれば何人か亡くなっていてもおかしく無い事件、大きな怪我した人が居なかったのは単なる偶然でラッキーだっただけそれが犯罪者の罪状を軽くする理由にはならない。

 

器物破損じゃなく殺人未遂罪及び危険運転に該当させて良いんじゃないかと思う所。(対向車は死のうが事故を起こそうが構わない、その目的で運転している事も含めて)  こんなことやっても未成年だからwとか言う少年法はいい加減改正して欲しいね。。。(せめて相手が死ぬ可能性が有ったか?事の危険性と重大性を考慮して欲しい)

 

これは明らかに殺人未遂事件や危険運転致傷罪として立件しないと、ただの悪戯とは全く違う。 もし、この投石により、玉突き事故など、もっと悲惨な事故になる可能性が高い。 後、18歳から成人となった今や名前を公表するのが普通だと思う。いつまでも少年法によって守られると甘い考えを捨てさせないといけない。 石を投げた人間は殺人未遂、車に同乗していた人間は殺人未遂教唆、運転してた人間は殺人未遂教唆と危険運転致傷罪を適応すべきである!

 

事件の現場を通ったことがありますが、実に長閑な県境といった片道1車線の橋なので 被害に遭われた方は避けることは勿論、その場で停止するのも難しかったと思います。 同町で起きた一家4人殺傷事件にも言えることですが、己の欲望の為に関係の無い他人を標的に攻撃するという、極めて悪質な事件ですね。 今回の件の犯人達は、生涯免許取り消しにして欲しい。その位の厳罰を望みます。

スポンサーリンク

まとめ

 

茨城県の境町で、走行中の車から対向車に約2キロのコンクリートブロックを投げ付け

ていたという斉藤雅樹ら男4人のコンクリート投げつけ事件!

かなりショッキングでとんでもない事件でした。

以下、まとめです。

・【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の顔画像や経歴を特定!

 ・解体作業員:斉藤雅樹容疑者(22)
・境町の無職の男(20)
・古河市の解体作業員の男(19)
・同市の無職少年(16)

・【コンクリート】斉藤雅樹ら男4人の余罪について
 ・他に埼玉県で4件、千葉県で2件、同様の被害が同じ日に!

 

※面白半分でコンクリートブロックを投げつけていたというとんでもなく凶悪な事件でした。犯人たちも十分反省し二度とこのような事件を起こしてほしくないですね!

 

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

感謝!

 

トレンドニュース
スポンサーリンク
鯖ログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました