【大徳寺】大工の置き忘れはわざとだった?400年前のノミとは?

【大徳寺】大工の置き忘れはわざとだった?400年前のノミとは? トレンドニュース
スポンサーリンク

2022年10月19日に話題になりました京都・大徳寺のノミの忘れもの?

世間的にはかなり注目が集まっており、個人的にもすごく気になっています!

 

そこでこの記事では

・【大徳寺】大工の置き忘れはわざとだった?
・【大徳寺】400年前のノミとは?

上記の2点について詳しく調査してみました。

 

それでは最後までゆっくりとご覧ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【大徳寺】大工の置き忘れはわざとだった?

【大徳寺】大工の置き忘れはわざとだった?についての調査結果は以下の通りです。

 

結論:忘れていったわけではなく、わざとだった可能性が高い!

 

忘れていったわけではなく「わざと」であるならばその理由はなんでしょうか?

それ、おそらく置き忘れではなくて、わざと置いてある、建物など建てた職人が屋根裏に道具をわざと置いていくって話し、割と知られた話しだと思うんだけどなぁ?少々勉強不足では?

 

色々な考えがあったため、紹介していきます。

 

 

自分の仕事アピールのため

置き忘れじゃなくて大工さんが自分の仕事をアピールする為にわざと置いて行くってのはよく聞く話よね。 

 

ノミはわざと置いたのだと思います。
その大工にとって最後の仕事なのか、人生で一番の出来だったのかは分からないけれど。

亡くなったor引退する大工の大工道具は弟子に渡されて再び使われるくらい、道具を大切にする職業のはずなので、置き忘れは考えにくいです。(親が大工でした)

 

親戚が宮大工 置き忘れじゃなくて「自分が建造に関わったことを示すために、宮大工が気づかれない場所にわざと置いた」って聞いたことある 今は棟札に建築業者名が書かれてそれが屋根裏に貼られてるけど、当時は身分も高くなかった大工が自分の名前を神社仏閣に残すなんてできなかったからだとか

 

ということで、宮大工さんの証言にもあるように、「当時は身分も高くなかった大工が自分の名前を神社仏閣に残すなんてできなかったから」という意見は、納得ですね。

 

その他にも興味深い説もありますので以下で紹介します。

スポンサーリンク

魔除けのため

 

お寺にも当てはまるかは不明だけど、完璧な建物を建ててしまうと完璧なものに集まる魔が寄ってくるから、大工は屋根裏等にこっそり小さな傷をつけたり、わざと物を置いて完璧ではない建物にしていた話があります。

置き忘れではなく魔除説。

という魔除け説がありました。

 

本当に忘れた

当時の大工さん、「やべー!置き忘れちった!」か「後世に見つかって話題になったらええな~!」とわざと置いていったのか、いろんな情景が思い浮かんで面白いですね

 

たんに置き忘れたという、うっかり大工さんもいると思いますよね!

 

大工の置き忘れはバナナの歯磨き粉

ごめんなさい、「大工の置き忘れ」というトレンドの文字だけ見て、反射的に「バナナの歯磨き粉」と思ってしまった……

 

 

という色々と興味深い結果となりましたね!

 

何が真実かは、今となっては特定できないですが・・・

色々考えるのも楽しいですね!

 

次に【大徳寺】400年前のノミについてはどうでしょうか?

詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

【大徳寺】400年前のノミとは?

【大徳寺】400年前のノミとは?

【大徳寺】400年前のノミについての調査結果は以下の通りです。

 

結論:結構立派なノミだった!

 

ということで【大徳寺】400年前のノミについて詳しく調べてみました。

 

意外にきちんと形が残った、少しサビついたノミという結果に驚きましたね!

 

個人的にはロマンがあったいいなあ・・・と考えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

2022年10月19日に話題になりました京都・大徳寺のノミの忘れもの?

世間的にはかなり注目が集まっており、個人的にもすごく気になりました。

 

以下、まとめです。

・【大徳寺】大工の置き忘れはわざと?
 ・仕事アピールのため
 ・魔除け説
 ・ほんとに忘れた
 ・バナナの歯磨き粉

・【大徳寺】400年前のノミとは?
・結構立派なノミだった!

 

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

感謝!

 

トレンドニュース
スポンサーリンク
鯖ログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました