「エヴァンゲリオンQ」ピアノの曲名や意味とは?シンジの上達についても考察!

「エヴァンゲリオンQ」ピアノ曲は何の意味が?シンジの上達についても考察! 映画

「エヴァンゲリオン新劇場版Q」

2012年11月17日に公開された日本のアニメーション映画です。

作中では様々な伏線と謎が散りばめられており、その中でも

渚カオルがシンジくんと弾いたピアノ曲って何?一体どんな意味があるんだろう?って思いませんでしたか?

また、シンジくん上達早すぎ!どうなってるの?という疑問も生まれました。

 

そこでこの記事では、エヴァンゲリオン新劇場版Qにおける

・ピアノ曲と意味について
・シンジくんのピアノの腕の上達について

この2点を徹底考察していきます!

 

最後までゆっくりとご覧ください。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオンQ」ピアノ曲は何の意味が?

カヲルくんとシンジくんのピアノシーンは、作中でも時間をとって特に丁寧に描かれており、印象に残りましたよね。

青春のような何か甘酸っぱい、見てるこちら側も照れてしまうようなシーンじゃありませんでしたか?

また、本当にピアノ曲も素敵で気になりましたよね。

 

ピアノの曲名や作中での意味について考えていきます。

ピアノ曲名:Quatre mains(キャトルマン)

カオルくんとシンジくんが二人で弾いていた

ピアノ曲名は Quatre mains

フランス語ではキャトルマンと読みます。

 

意味は「4本の手」そして音楽用語では「4手連弾」となっています。

 

この曲は、音楽監督の鷺巣詩郎(きざすしろう)さんが

このエヴァンゲリオンQのために作曲したオリジナル楽曲です。

何かのクラシックの曲かと思っていたら、そうじゃなかったんですね!

 

鷺巣詩郎さん、素晴らしいお仕事をされましたね~

そして名字が非常に珍しいです。

 

鷺巣詩郎(さぎす しろう
1957年8月29日生まれ(63歳)

・日本の作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。
・東京都世田谷区出身。映像制作会社ピー・プロダクション社長。
・父は漫画家でピー・プロダクション設立者のうしおそうじ。
・叔父はアニメ制作会社エイケンのプロデューサーの鷺巣政安。
・既婚。
・エヴァンゲリオンには、TV版の新世紀エヴァンゲリオンから劇場版まで、すべての作品に携わっており、エヴァの音楽の父とも言える存在!

ピアノ曲の意味①13号機に一緒に乗るための訓練

 

1台のピアノを2人で弾くことを「連弾」といいます。

ピアノは鍵盤が多いですよね?
88個あるので、二人で弾いても良いんじゃない?
という発想から生まれた技術というかスタイルなんですね。

 

2人の息を合わせて弾かないと、音がぐちゃぐちゃで汚い響きになってしまうことから、実は非常に難しい演奏方法と言われています。

エヴァンゲリオンで言うところでは、2人が「シンクロする」必要があります。

作中ではエヴァ13号機は「4本の手」を持っていることから

ダブルエントリーシステム(2本の槍を持つには魂が2つ必要なので)

になっています。

ピアノ曲の意味とは
2人でシンクロを図るため。
13号機に乗る訓練というか模擬実践を兼ねて
ピアノを2人で弾いてみたと考えることができます。

ピアノ曲の意味②サブタイトルから考察

エヴァンゲリオンQのサブタイトルから考察してみます。

EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO.」

この意味は以下のとおりです。

・YOU CAN REDO →あなたはやり直すことができる。
・YOU CAN NOT REDO →あなたはやり直すことができない。

このことは、シンジくんが現在の世界をめちゃくちゃにしたサード・インパクトの原因が自分だと知った時、罪の意識から逃れるためこの世界を救いたい、やり直したいと思ったことに当てはまると考えられます。

ピアノ曲の意味とは
このエヴァンゲリオンQのストーリー上で最も重要テーマ
エヴァ13号機につながる4本の腕(Quatre mains(キャトルマン
が必要という暗喩になっていると考察します。

つまり、エヴァ13号機にのってフォースインパクトを起こすことで、シンジくんはやり直すこと、やり直すことをしないこと。

その両方を選ぶことができるという暗喩になっているんですね。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオンQ」シンジの上達についての考察

エヴァンゲリオンQのピアノシーンでの大きな疑問の一つに

シンジくんのピアノの上達が凄い!というものがあります。

いつのまに?なんで急にそんなに弾けるようになったの?

シンジくんのピアノの上達の速さについて考察します。

実はシンジくんは音楽経験者

カオルくんとシンジくんが弾いていた曲

Quatre mains(キャトルマン)は難易度でいうと上級です。

 

カオルくんのパートは特に難しく、シンジくんのパートの方が少し難易度は低いということですが。

 

実はシンジくんは音楽経験者であることを知っているでしょうか?

TVアニメ版では、アスカにそんな才能持ってんだ!とちゃかされていましたが、

シンジくんは「5歳から初めてこの程度だから才能なんてないよ」と言っていました。

 

5歳ってまだ幼稚園なんですが、そのころから初めているってことは、当然楽譜は読めますよね?

そして、指も楽器用にかなりなめらかに開くし動くはずです。

シンジくんのピアノ上達の早さの理由
・まったくの超初心者ではないこと。
・5歳からチェロを習っており、楽器経験者であることから。
・当然楽譜も読めることから。
ピアノ含めて楽器って指が動くかどうかにかかっていますよね!
それには初心者では時間がかかります。
僕もギターを弾くので、分かります。

反復練習がすごいから

シンジくんとカオルくんのピアノのやりとりのなかでも

「どうしたらもっとうまく弾ける?もっといい音を出すにはどうしたいいの?」というシンジの問いに

カオルくんは「反復練習さ。同じことを何度も繰り返す。自分がいいなって感じられるまでね。それしか無い。」

と応えています。

 

5歳からチェロを習っているシンジくんは、練習や楽器の上達において特に反復練習が大切であることの意味を痛いほどわかっていると思われます。

なのでピアノを弾かないときでも、曲に合わせて指を動かす練習をしていたのでしょう!

シンジくんのピアノ上達について
・カオルくんに言われて、反復練習を頑張った。
・ピアノを使わない時でも運指練習を頑張った。

シンジくんは、きっと必死に運指トレーニングをしていたものと考察します。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

ここまでの内容で

・ピアノ曲と意味について
・シンジくんのピアノの腕の上達について

それぞれ解説してきました。

以下まとめです。

 

ピアノ曲の意味とは
・2人でシンクロを図るため、13号機に乗る訓練というか模擬実践を兼ねて、ピアノを2人で弾いてみた。

・このエヴァンゲリオンQのストーリー上でもっともキーとなる、エヴァ13号機につながる、4本の腕(Quatre mains(キャトルマン)が必要という暗喩になっている。

シンジくんのピアノ上達について
・まったくの超初心者ではないこと。
・5歳からチェロを習っており、楽器経験者であることから。
・楽譜も読めること。
・カオルくんに言われて、反復練習を頑張った。
・ピアノを使わない時でも運指練習を頑張った。

 

エヴァンゲリオンQは劇場版最終章につながる作品です。

ピアノシーンのカオルやシンジの関係も
今後のストーリーに大きく関わってくる重要なシーンなので

もう一度じっくり見直すのも良いですね~!

 

それでは、最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

 

感謝!

コメント

タイトルとURLをコピーしました