【映画ゲド戦記】テルーの正体は?なんで竜になったかについても考察!

【映画ゲド戦記】テルーの正体は?なんで竜になったかについても考察! 映画
スタジオジブリ公式サイトより

2006年に公開されたスタジオジブリ映画「ゲド戦記

宮崎駿監督の息子さんである宮崎吾朗さん監督・脚本の作品ですが、登場キャラクターの「テルー」については、人間なの?竜なの?

ぶっちゃけ、正体がよくわからなかったですよね?

そこでこの記事では

・テルーの正体について・テルーはどうして竜になったのか

以上を考察していきます。

※ネタバレありなので注意して読みすすめてください。

スポンサーリンク

【映画ゲド戦記】テルーの正体とは?

【映画ゲド戦記】テルーの正体とは?

スタジオジブリ公式サイトより

結論から言うと

テルーの正体は竜(ドラゴン)です。

ゲド戦記の世界「アースシー」では、かつて人間と竜は同じ種族でした。

大昔に協定を結んで、「人間と竜」それぞれの価値観で別々の世界に分かれて住み分けることになったのです。

でももとは同じ種族だから、ときどき竜族の者が人間界に生まれる事もあります。

テハヌー(テルーの真の名前)もそういう竜族の人間です。

時が満ちて真の姿になり(また人間に姿を変えることも可能)大空に飛び立ったのです。

竜族は太古の知恵を継承し太古の言葉を離す高貴な存在です。

テハヌー(テルー)も太古の言葉がわかります。

ゲド(通り名はハイタカ)は偉大なる魔法使いなので太古の言葉がわかります。

物語世界は人間界にも魔法が存在するため、龍であっても人間の姿です。

テルーはまさにそういう人間界に生まれた竜の子孫だったのです。

これは非常に希で、奇跡的なことだったんですね~

竜(ドラゴン)に変身したのではなく、人間に変身していた竜(ドラゴン)が本性に目覚めたと言う事です。

スポンサーリンク

【映画ゲド戦記】テルーはなんで竜になったのか?

【映画ゲド戦記】テルーはなんで竜になったのか?

スタジオジブリ公式サイトより

テルーが竜になったシーンを振り返ります。

クモとの戦いのなかでテルーは一度、人間として死にます。

そして人としていったん死んだあとに、竜としての力を発揮します。

いったん殺されたかに見えたが生き返り、テルーの体は竜に変化し

クモは竜となったテルーの力で消滅します。

その後テルーは元の人の姿に戻り、アレンは自らが抱える闇と向かいあい、受け入れる覚悟をして、自らが犯した罪を償うために王宮へ戻ります。

 

作中では「人は昔、竜だった」となっています。

価値観の違いから、一部の龍は人間に姿を変え、完全に人間として溶け込んで子々孫々生きていくことで、自分たちの祖先が竜だった事・持っていたはずの価値観も完全に忘れてしまいました。

でもどれだけ天然で、そんな事実をつゆ知らずとも、
子孫が出来れば嫌でも「竜の血」というものは受け継がれます。

そういうわけでたまに龍の価値観を色濃く受け継いだ子孫が誕生し
竜の価値観・魂・本質に目覚めると、有るべき姿(竜)となります。
それがテルーです。

簡単にいえば先祖返りですよね。

ちなみに原作ではテルーの両親は人間です。
両親はテルーを虐待していました。
(テルーが生まれたということは無論、両親も竜の血はひいているのでしょうが、
本質には遠く、人間だから一生気付かない感じでしょうね)

ちなみに原作のテルーの過去や傷は映画で描かれたような軽いものではなく、
本当にひどいものでした。ヤケドの描写ももっとエグいです。

スポンサーリンク

【映画ゲド戦記】テルーのまとめ

【映画ゲド戦記】テルーのまとめ

スタジオジブリ公式サイトより

ここまでの内容で映画ゲド戦記で、テルーの正体についてやテルーはどうして竜になったのかについて解説してきました。

以下まとめです。

 

・テルーの正体は竜(ドラゴン)

・一部の竜が人間へと姿を変えていた。その子孫。

・クモに一度殺されたことで、テルーが竜としての本能に目覚めて先祖返りをした。

 

ゲド戦記について関連記事↓

【映画ゲド戦記】テルーの唄の手嶌葵さんは現在?何をしてるか徹底調査!【2021年】

「映画ゲド戦記」原作者が激怒ってホント?理由や原作との違いについて解説!

 

ゲド戦記の原作もチェック!

 

それでは、最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

 

感謝!

コメント

タイトルとURLをコピーしました