INIの西洸人の英語がすごい3つの理由【帰国子女】英検2級の実力も検証!

INIの西洸人の英語がすごい3つの理由【帰国子女】英検2級の実力も検証! INI
スポンサーリンク

グローバルボーイズグループ「INI」(アイエヌアイ)の「西洸人」くん

オーディション前に多くの著名なアーティストのバックダンサーを務めていた事は有名ですが、実は英語がものすごいと言う噂があります。

そこでこの記事では、INIの西洸人くんは英語がすごい3つの理由を調べています。

 

① 小4で英検2級がプチ自慢
② 実は帰国子女
③ 英語の発音やアクセントが本格的(動画で検証)

 

 

それでは最後までゆっくりとご覧ください。

スポンサーリンク

INIの西洸人の英語がすごい!

西洸人くんの英語がすごいといわれる理由は3つです。

 

① 小4で英検2級がプチ自慢
② 実は帰国子女
③ 英語の発音やアクセントが本格的(動画で検証)

 

これからひとつずつ解説していきます。

 

小4で英検2級がプチ自慢

西くんの英語がすごいという理由の1つ目です。

 

INIが結成されたオーディション番組の「PRODUCE 101 JAPAN シーズン2」での手書きプロフィールのなかの「プチ自慢」という項目に注目です。

 

このなかで「4で英検2」ということをサラッとかいていて、当時は話題になりました。

 

ちなみに英検2級とは、大体高校卒業レベル程度の英語力が必要となる資格です。

英検5級: 中学初級程度
英検4級: 中学中級程度
英検3級: 中学卒業程度
英検準2級: 高校中級程度
英検2級:高校卒業程度←小4の時合格!
英検準1級:大学中級程度
英検1級:   大学上級程度

 

なので、その高校レベルの英語力を小4で取得することができたと言う事は、その時点でかなり英語を学んでいてしゃべれると言うことになります。

「PRODUCE 101 JAPAN シーズン2」での一幕ですが、単語をしゃべっている動画がありますので↓のツイートをご覧ください。

 

ポテト・ハンバーガー・ナイスガイという単語を西くんがしゃべっていますが、明らかに発音が良いということが分かりますよね!

英検2級では、筆記テストの他に面談でのコミュニケーション試験もあるので、当然日常会話での発音等も審査基準としてあります。授業で習う範囲にはない英検2級を小4で合格した西くんはやっぱり英語がすごいことになります。

スポンサーリンク

実は帰国子女

西くんが英語がすごいという理由の2つ目は「帰国子女」だからです。

西くんは以前アメリカとオーストラリアに4年くらいいた」と言うコメントをしたことがあります。

どのくらいの年齢の時なのかはわかりませんが、このことから考えると

4で英検2級レベルだったと言う事は幼少期に海外で過ごしていたからだと考えることができます。

となると、

・小4で英検を受けた→小4以前にアメリカとオーストラリアに4年くらいいた

ということが推測されます。

イニーミニーマイニーモーを調べると、

英語圏で広まっている子供向けの数え歌とのことです。
日本の数え歌「どちらにしようかな(誰にしようかな)」と同じく、鬼ごっこなどの子供の遊びで鬼役の子供を決める際などに、候補の子供を指さしながら歌われるそうです。

なのでやはり西くんは子供時代に外国で生活している帰国子女であり、英語の文化が身についていることに間違いなさそうです。

 

ちなみに西君は過去に偏差値68の学校(高校)に通っていたと語っています。

また高校での部活は高校1年まではサッカーをしていたものの2年生からはダンスに転向しています。

高校卒業あたりから大学には行かず、本格的にダンスの道に進みました。

テミン・三浦大知・ちゃんみな、など数々の有名アーティストのバックダンサーとして活躍してきました。

ちなみにダンスに興味を持ったのは中学3年生の頃でアメリカの音楽グループの「LMFAO」のパーティロックアンセムという曲をクラス全員で踊ったことがきっかけだったそうです!

ご家族も爽やかな感じです。

きっと、お父様のお仕事がグルーバルな関係でアメリカやオーストラリアに行かざるをえなかったと推測します。しかしそのことが今の活動につながっていると考えると人生って面白いですよね!

西くんにとっては、グローバルボーイズグループとして活動する上で英語力は必須ですからね。

なので西くんは「帰国子女」ということから英語がすごいのもうなずけますよね。

スポンサーリンク

発音やアクセントが本格的(動画で検証!)

最後に西くんの英語がすごいと言われる理由3つ目は・・・

西くんの英語は発音やアクセントが本格的なところです。

 

いわゆるカタカナ英語ではなく、イントネーションや発音が自然にできているのが特徴です。

 

※実際にしゃべっているツイートの動画で検証していきましょう!

オーディション時のラップ部分ですが、発音はなかなか!

Keep(キープ)の発音もなかなかですよね。

リーダーの木村くんに非常に良い感じにツッコミいれてますよね。その突っ込む英語のアクセントが完璧!

 

そして、一番長く英語をしゃべっていて、西くんの英語がすごいことがわかる決定的な動画を見つけました!

台灣環球音樂」のTiktok投稿動画になりますが、INIの紹介と挨拶を英語でしています。

 

いきなり「ハーイガイズ!」って、普段英語に慣れてない人であったら絶対でてこない言葉だと思います!

普通だったら「ハロー!」とかですもんね。

きっと日常で英語を使っているからこその挨拶の言葉だと感じます。
ちなみに表記は「Hay Guys」です。

日本語では「やあみんな!」というニュアンスの意味になります。

 

しかし、日本の学校では「Hey Guys!」という挨拶は習わないですよね。

ちなみに日本人にとってはguysの意味は「男たち」です。

当たり前ですが1人に対して挨拶するときは「Hey!」ですね。

 

「Hey Guys!」は2人以上の男性・2人以上の女性・2人以上の男女に向かって使う言葉ということです。

なので、西くんが「複数のファンに向かって挨拶する」ときに使う言葉としては適切なわけです。

しかし日本の英語授業では習わないこの「Hey Guys!」を普通に使っている西くんってやっぱり英語がすごい!ということになりますよね。

 

ちなみにに西くんは英語の筆記というか、ライティングも上手です。

 

西洸人のプロフィール

名前 西洸人(にしひろと)
生年月日 1997年6月1日(23歳)
出身地 鹿児島県
身長と体重 173cm・64kg
血液型 AB型
趣味 アニメ・ゲーム
特技 ダンス・サッカー・リフティング
座右の銘 人事を尽くして天命を待つ
憧れのアーティスト DPR(韓国)

 

スポンサーリンク

INIの西洸人の英語についてのまとめ

今回初めて西くんのことを知った人も、おそらく魅力を感じることができたのではないでしょうか。

以下、まとめです。

INIの西洸人くんは英語がすごい理由3つ

①INIの西洸人くんは英検2級である。
・小4で取得済!

②INIの西洸人くんは帰国子女である。
・小4以前に4年間の留学経験あり。

③INIの西洸人くんは発音やアクセントが本格的。
・ツイートの動画で検証してみた。
・「Hey Guys!」を普通に使っている。
・ちなみにライティングも上手。

 

西くんが英語ペラペラなのは、帰国子女でありアメリカやオーストラリアで4年間留学し生活していた経験から培ったんですね。

その英語力で小学校4年で英検2級を取得したのは西くんの親御さんのすすめでしょうか?

ご家族も爽やかで、お父様のお仕事がきっとグローバルの感じだということも、なんとなく察することができましたよね。

 

そんな西くんや所属するINIの今後の活躍をますます期待したいですね!

 

※こんなにもファンを熱くさせるINIのメンバーや動向がと~っても気になった方は

 

 

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

感謝!

INI
スポンサーリンク
鯖ログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました