【風の谷のナウシカ】トルメキア軍の戦車や自走砲のモデルについて解説!

【風の谷のナウシカ】トルメキア軍の戦車や自走砲のモデルについて解説! 映画

風の谷のナウシカ」は1984年に公開された、宮崎駿監督第2作目となるアニメーション映画です。

 

作中では、風の谷に侵攻したトルメキア軍は「戦車や自走砲」といった兵器を使用していましたが、こちらかなり気になりましたよね?

 

そこで、この記事ではあの兵器・・・何がモデル?などといった疑問に対し調査を行って解説していきます!

 

あの世界観のなかではかなりのハイテク兵器なのでビックリですよね?

 

それでは、最後までゆっくりとご覧ください。

スポンサーリンク

トルメキア軍の戦車や自走砲のモデルとは?

まずはじめに、風の谷のナウシカに登場するトルメキア軍の兵器ですが、

 

戦車?自走砲?どっちなの?という議論がありますが、正直どっちも正解だと思います。

 

戦車だといえば戦車ですし、自走砲だといわれれば、そうですよね。

そして、モデルと言われる実字の兵器はいくつかありますのでご紹介していきますね!

ブルムベア突撃榴弾砲戦車説

 

これが一番濃厚ですかね!かなり近い気がします。

画像

 

三号突撃砲説

セモベンテ突撃砲説

ARL-44説

 

スポンサーリンク

トルメキア軍の戦車や自走砲のこだわり

次に作画に関して、驚きのこだわりポイントを発見したので、ご紹介していきます!

まとめ

ここまでの内容でトルメキア軍の戦車や自走砲のモデルについて解説してきました。

以下まとめです。

 

・ブルムベア突撃榴弾砲戦車説・・・が濃厚!

・三号突撃砲説も人気の説。

・こだわりとして、砲撃したあと砲身の動きをS字軌道にしろ!との驚きの指示がった!

 

全部近いので、色々な兵器からインスピレーションを得ているにちがいないですね!

作中での活躍に、子供心にはかっこいいな~!ってワクワクしたものです。

 

※またこちらの記事も参考にされてください

 

 

 

それでは、最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

 

感謝!

コメント

タイトルとURLをコピーしました