総理官邸前で焼身自殺の男性は誰?国葬反対の書状の内容に驚愕!

総理官邸前で焼身自殺の男性は誰?国葬反対の書状の内容に驚愕! トレンドニュース
スポンサーリンク

2022年9月21日の事件

総理官邸前で焼身自殺を図った男性がいたとのことで騒然となっております。

世間的にかなり注目が集まっており、個人的にもすごく気になっています!

そこでこの記事では

・総理官邸前で焼身自殺の男性は誰?
・国葬反対の書状の内容に驚愕!

上記の2点について詳しく調査してみました。

※日本もかなり危ない雰囲気になってきました。安倍晋三元総理の国葬については色々な余波がありますよね。この男性の訴えたいことは分かりますが、命をかけてでも、それほど止めたいことなのでしょうか・・・真相は一体どこに!?

 

それでは最後までゆっくりとご覧ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

総理官邸前焼身自殺事件の概要

総理官邸前焼身自殺事件の概要

2022年9月21日午前6時50分ごろ

東京都千代田区永田町1丁目の首相官邸近くの路上にて事件は起こりました。

「男性が火に包まれている」と119番通報したのは近くを歩いていた通行人の女性でした。すぐに警察官が駆け付けました。

警視庁によると、男性は全身にやけどを負ってその後病院に運ばれたそうです。

 

現在意識はあるという状態で、男性は「自分で油をかぶって火をつけた」と証言しているとのことです。

近くには書状はおちており、その中身とは、安倍晋三元総理の国葬反対の内容だというのですから驚きですよね!

一体この日本で何が起きているのでしょうか!?こんな自爆テロまがいのことを起こすほど国葬について悩んでいたのでしょうか!?

さて一体、この男性とはどのような人物でその思想や性格も気になりますよね。

また驚愕の書状の内容や中身についても迫ってみました!

スポンサーリンク

総理官邸前で焼身自殺の男性は誰?

総理官邸前で焼身自殺の男性は誰かについての調査結果。

以下の通りです。

70代男性

現在までで分かっていることは以下の内容です。

 

結論:総理官邸前で焼身自殺を図ったのは70代の男性

 

油をかぶって焼身自殺を図るという過激な行動をとったのは70代の男性という調査結果となりました。

 

名前・・・不明

住所・・・不明

思想・・・断固国葬反対という考え

 

男性の思想について

捜査にあたった警視庁麴町署によると、搬送されたのは男性で自称70代。

自らに火をつける前、「国葬反対」と近くにいた警察官に話していたそうです。

 

男性の国葬反対者の思想については以下

・極左翼
・中核派
・立憲民主・共産党

となっており、この男性もいずれかの思想により行動したものと予想されます。

 

男性の性格について

男性の性格について

自分の命をかけて日本に訴えかけたといえば、

1970年11月25日、市谷自衛隊駐屯部隊1号館のバルコニーで演説したのちに割腹自殺した三島由紀夫さんですね。

 

焼身自殺を図った70代男性も同じような性格だったのでしょうか。

 

伝えたいことを実現する手段として・・・実はマネしたとも考えられますね。

 

そして現場近くでは「私個人は国葬には断固反対」と書かれた紙が見つかったといいます。

次に国葬反対の書状の内容についてはどうでしょうか?

詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

国葬反対の書状の内容に驚愕!

国葬反対の書状の内容に驚愕!についての調査結果は以下の通りです。

 

結論:書状には「私個人は国葬には断固反対」と書かれていた。

 

麴町署や捜査関係者によると、男性は自称70代で、聴取に「自分で油をかぶり、火を付けた」と話しているという。

現場には、27日に予定されている安倍晋三元首相の「国葬」について、「私個人は国葬に断固反対」などと手書きで記した手紙のようなものが落ちていました。

 

 

ということで国葬反対の書状の内容について詳しく調べてみました。

こちらも意外な結果に驚きましたね!

 

個人的には、その書状は誰に届けたかったのかな・・・と考えます。

焼身自殺を図ることばかりが取り上げられていて、本当に届けたい想いが、届けたい人に伝わったのか疑問なので・・・

直前に話を聞いた警察官もどどこまで本気で聞いていたのでしょうか。

まさかその後に自ら火をかぶるとは思っていなかったでしょうね。

 

スポンサーリンク

世間の声まとめ

総理官邸前焼身自殺事件について世間の声をまとめてみました。

こういうことがあったなら、なおさら国葬が行われるべきですね。
中止などしたら、焼身自殺などのテロで何でも通る事になり、更に犯行を呼び込みます。
自爆テロを強要される人も出てくるでしょう。
日本は、テロに屈しない。
国葬で示すべきです。

 

焼身自殺で意識不明ってさ、救急車で運ぶのも警察官が検証するのも全部税金。国葬で無駄な税金がとか言ってるけど身勝手な行いで一円でも税金使われる事についてどう思ってるん?無駄な集まりしてる連中もだけどそれに費やされる税金は全てどっかから降ってくるお金とでも思ってるん?

 

これで「人が命かけてんだ、国葬を中止しろ!」とか喚いとる奴は、同じことを国葬賛成派がしたら「国葬やれ!」と言うんやろうか。
ないな。

 

「反安倍」も狂信的カルトに育ってしまった感がある。銃撃テロに放火、焼身自殺とは。そして扇動した者たちはいっさい責任をとらない

 

国葬反対を訴えた人が焼身自殺で意識不明に。

山上徹也容疑者によるテロを賛美に賛美を重ねた結果がコレ。

だから山上徹也容疑者に同情し過ぎるのは良くないと言ったんだ。これからテロが頻発するかもしれない

 

様々な意見がありますね!

 

スポンサーリンク

まとめ

2022年9月21日の早朝に起こった、総理官邸前焼身自殺事件

世間的にはかなり注目が集まっており、個人的にすごく気になりました。

 

安倍晋三元総理の国葬とは、本当に色々な人の人生を変えるような

大きな問題だといえます。

一人の人間文字通り、本当に命をかけてまで反対するようなものかどうかは分かりませんが、この事件を見たり聞いたりした政治家や国民は、何かしら深く考えるものがありますよね。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

感謝!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました