【映画】ボヘミアンラプソディのラミ・マレックは猫アレルギー?フレディの猫好きについても!

【映画】ボヘミアンラプソディのラミ・マレックは猫アレルギー?フレディの猫好きについても! 映画

映画「ボヘミアン・ラプソディ

フレディ・マーキュリーの半生やクイーンの結成から伝説のライブ・エイドまでを描いた映画ですが、

その 登場人物であり、主人公であるフレディ・マーキュリーを演じる俳優の「ラミ・マレック

実は猫が苦手?という噂があるんですね。

フレディを演じ、猫とのシーンもありましたよね?

そこでこの記事では、映画ボヘミアン・ラプソディで、ラミマレックが本当に猫が苦手で猫アレルギーだったのかについて調査していきます!

最後までゆっくりとご覧下さい。

スポンサーリンク

ラミ・マレックは猫アレルギー?

映画「ボヘミアンラプソディ」内では、猫が登場するシーンこそがいくつかありましたが、ラミ・マレックは肝心のフレディ役なのに猫と触れ合うシーンがありませんでした。

実はアレルギーとかで、触れることができないのでしょうか?

過去の作品で猫アレルギーと告白していた

ちょっと調べてみました。

フレディ演じるラミマレックは、過去の出演作品「Mr.Robot」に関する記事で、実は猫アレルギーだということが書かれていました。

当初、がでてくる設定が「犬」に変更されたとかなんとか!

 

ボヘミアンラプソディ作内では、フレディが猫好きの事実があるので猫を犬に代えるわけにはいきませんからね。

確かにラミ・マレックは猫アレルギーだから「猫と一緒のシーン」がないですよね。

猫とラミが一緒のシーンで思いつくのは
最初猫たちの間を歩くところと、後半の猫がご飯を食べてるテーブルで
お茶を飲んでるシーンですが。

あれが合成なのか?までは分かりませんね。

猫アレルギーの薬などもありますが、どのくらいまで
近寄れたりするんでしょうね?個人差もあるかもしれません。

軽度のアレルギーだったとしてもぎりぎりまで近寄ったのか。

本人のインタビューでも犬派と言ってましたが
まさかガチガチの猫アレルギーだったんですね。

猫とのシーン変更もあった

フレディ・マーキュリー役として完璧に演じた彼も、残念ながら唯一猫とのスキンシップという面ではフレディ・マーキュリーのようにはできなかったようですね。当たり前ですが。

映画の中の朝食のシーンでも猫を膝の上に置いて食べる予定が、テーブルの上に置くこととなったようです。

また、アメリカのテレビ番組『Mr.Robot』でも主役として猫をペットとするはずだったところを、魚に変更したとのエピソードもあるようです。

今後もラミ・マレックと猫との共演は見ることができなさそうです。

体質面では仕方ないですよね。それでもチャンレンジする役者魂というところでは、とても評価できます!

 

スポンサーリンク

 

フレディ・マーキュリーは超猫好き?

フレディ・マーキュリーは猫愛好家として知られています!

映画でもあったように、滞在先のホテルからも電話で猫と話すなど家族以上に愛していたようです。

またクリスマスにはそれぞれの猫たちに靴下に詰めたプレゼントを用意するなんてエピソードもあり、相当ですよね。相当猫好きです。

フレディの猫好きのきっかけ

フレディ・マーキュリーが猫好きとなったきっかけは、恋人のメアリー・オースティンがかっていたトムとジェリーというネコの2匹からだそうです。

映画『ボヘミアンラプソディ』の最初の方のシーンでは6匹の可愛い猫のシーンがありました。

実際フレディが可愛がって愛していた猫は、合計10匹とも言われています

フレディが飼っていた10匹の猫の名前

フレディ・マーキュリーは最終的に10匹のを飼っていました

・トム(Tom)とジェリー(Jerry)の他には

・ティファニー(Tiffany)
・ドローシー(Dorothy)
・デライラ(Delilah)
・ゴライアス(Goliath)
・リリー(Lily)
・ミコ(Miko)
・オスカー(Oscar)
・ロメオ(Romeo)

デライラ(Delilah)にいたっては、愛しすぎて曲にタイトルにもなっているようです!

ティファニーという猫。

しかし、フレディの表情がなんとも良いんですよね~。

それにしても、猫との写真のフレディ・マーキュリーは楽しそうですね!

最後の写真などは、猫にはさまれて非常にリラックスして和みます。

曲作りや自身の性において非常に苦悩していたとされるフレディですが、自由できままな猫に、自身を投影したり、単純に癒やしを求めていたのかもしれませんね。

猫たちも、とってもなついていて幸せそうなのが良いですね~。

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

ここまでの内容で

フレディ・マーキュリーを演じる俳優の「ラミ・マレック」

実は猫アレルギーで、猫は苦手?なことやフレディの猫好きについて解説してきました。

以下まとめです。

 

・ラミマレックは猫アレルギーである、

・苦手疑惑としては

・猫アレルギーだと、猫とのシーンはかなり過酷だったのでは。

・一方、演じるフレディ・マーキュリーは大の猫好き!

飼い猫の写真が多数。

10匹の飼っていた猫の名前が公開されている。

 

映画ボヘミアン・ラプソディのおいては、かなりの熱演だったラミマレックさん。

実は猫だけはちょっとかんべんして〜みたいに思っていたのかもしれませんね!!

そう考えると、映画をもう一度見直して見て確認してみたくなりますね。

ちょっと面白い(ラミさん本人は面白くないだろうけど)

小ネタでした~

 

 

~映画ボヘミアン・ラプソディの関連記事~

石橋貴明がフレディマーキュリーのモノマネ?クイーンの名曲をカバーした伝説の番組を解説!

【映画】ボヘミアンラプソディのフレディ実家でロジャーとジョンの間に座ってる人は誰?

【映画】ボヘミアンラプソディのライブエイドで音響のボリュームを操作するシーンの意味とは?

それでは、最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

 

感謝!

コメント

タイトルとURLをコピーしました