ルイーズグリュックの代表作は?【2020年ノーべル文学賞受賞】

ルイーズグリュックの代表作は?【2020年ノーべル文学賞受賞】 トレンドニュース

話題の2020年のノーベル文学賞

 

またしても日本の村上春樹さんは逃してしましましたが

 

ルイーズグリュックさんという方が受賞されました!

孤独やトラウマなどをテーマに作品作りを行ってきたというルイーズさん。

 

この記事ではそんな気になる

 

ルイーズグリュックの代表作について調査してみました。

 

最後までゆっくりとご覧下さい。

スポンサーリンク

ルイーズグリュックの代表作はワイルドアイリス

ルイーズグリュックの代表作はワイルドアイリス

ルイーズグリュックさんはアメリカのニューヨーク生まれ。

マサチューセッツ州在住で、エール大の教授として働きエッセイストとしても活躍されています。

代表作は1993年に発表した「ワイルドアイリス」になります。

ピュリツァー賞に輝き、2014年には全米図書賞を受賞するなど、米国の権威ある賞を受賞されました。

グリュックのピューリッツァー賞を受賞したコレクション、ワイルドアイリスは、彼女の先見の明のある詩学を明確に示しています。

3つのセグメントで書かれたこの本は庭に植えられた花が、「庭師の詩人」、「庭師の詩」、そして「全知の神」の3つに話しかける様が描かれています。
ヘレン・ヴェンドラーは、「グリュックの言語が、デルポイの三脚からのような高い主張、主張の可能性をどのように復活させたかについて説明しました。
しかし、主張の言葉は、しばしば謙虚で、明白で、いつものことでした。彼らを際立たせたのは、彼らの階層的で不気味な口調でした。多くはない「女性が主張する勇気」だったことを音で表現しています。

スポンサーリンク

2020年ノーベル文学賞受賞についてのコメント

「私は準備ができていなかった」とニューヨーク・タイムズで語っています。

「私の苦労と喜びはユニークではないと思います」と。

「私は自分自身と私の特定の人生にスポットライトを当てることには興味がありませんが、代わりに生まれてから出ることを余儀なくされた人間の闘争と喜びにスポットライトを当てることに興味があります。」

 

「私はとても社交的な人です。インタビューが嫌いなのは、私が世捨て人だという意味ではありません」

グリュックは不快な場所に置かれていました。木曜日の朝、彼女はノーベル文学賞を受賞しました。マサチューセッツ州ケンブリッジの自宅の外の通りにジャーナリストが並んでいました。彼女の電話は午前7時から鳴り止みませんでした。

今では、称賛に慣れているはずです。50年以上続いたキャリアの中で、彼女は12冊の詩を出版し、ほぼすべての権威ある文学賞を受賞しました。たとえば、全米図書賞、ピューリッツァー賞、全米図書批評家協会賞、全米人道賞などです。

彼女は文芸評論家や仲間から、控えめで直接的な自白の詩で尊敬されています。

「彼女の仕事は内面の会話のようなものです。多分彼女は自分自身と話しているのかもしれませんし、多分彼女は私たちと話しているのかもしれません。

彼女の長年の友人であり編集者であるファラー・ストラウス・アンド・ギルーの社長であるジョナサン・ガラッシは言った。「彼女の作品で非常に一定していることの1つは、その内なる声です。彼女は常に、決して一致しない理想に対して経験を評価しています。」

スポンサーリンク

まとめ

ルイーズグリュックは、1968年に初の作品「ファーストボーン」を発表し、高く評価されてきました。

子供時代と家族生活における孤独やトラウマなどを大きなテーマにし、現在も創作を続けています。

この記事ではそんな気になる

ルイーズグリュックの代表作について調査してみました。

 

人生や人間に対する深い洞察が光っていますね。

 

詩人ってなかなかスポットライトが当たらないジャンルだと思うので、今回のノーベル文学賞受賞は、嬉しいことだと思います。

本当におめでとうございます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました