【パラサイト半地下の家族】ダヘを花に例えると?ギウとの関係についても!

【パラサイト半地下の家族】ダヘを花に例えると?ギウとの関係についても! 映画

韓国映画で第92回アカデミー賞4部門を獲得した「パラサイト半地下の家族

作中では長男ギウが富裕層の娘ダヘを花に例えるシーンがありましたが、セリフがなく、何に例えられたかよく分かりませんでしたよね?

そこでこの記事では、

ダヘを花に例えると何か?またギウとの関係についても考察しまとめていきます!

映画内では様々な謎があり、本当に奥深い映画ですね~

それでは、最後までゆっくりとご覧ください。

スポンサーリンク

【パラサイト半地下の家族】ダヘを花に例えると?

【パラサイト半地下の家族】ダヘを花に例えると?

富裕層の家に家庭教師として雇われた、ギウが例える妹ギジョン(ダヘはギウの妹だとは知らない)は「バラ」に対して、ダヘは私は何?と、試すような感じで問いかけました。

その際、ギウは直接答えることなく、ノートに絵のような何かを書きましたよね?

実はダヘは「牡丹」に例えられました。

ギウは女の子慣れしてる?

このくだり、ギウって結構女の子に慣れているかな~って思いました。

恋愛テクニック的には、結構高度?なんじゃないですか?

直接言うのではなく、絵で間接的に伝えるって、ロマンチックで、キュンキュンしちゃうんじゃないかと!

実際ダヘはと~っても喜んでいるような見えましたね!

実は愛情に飢えてると噂のダヘの巧妙な演技かもしれませんが苦笑

牡丹の意味とは?

また、韓国では「牡丹」にはどのような意味があるのでしょうか?

牡丹は、花弁が多く豪華なことから、富貴を象徴する吉祥文として家具や陶磁器の図柄に最も好んで用いられれているという歴史があります。

韓国では、財運のある容貌で、徳を備えた美人を例える際に使われるそうです!

ダヘは富裕層の娘だしということで、例えられるのは納得できますよね~

ということで、「牡丹」は富貴の象徴であることから、意味を知ってるダヘも喜んだと思われます。

ちなみに牡丹は韓国では昔は「モクタン」今は「モラン」と呼びます

 

※またパラサイト半地下の家族をより楽しめる参考記事もどうぞ

【パラサイト半地下の家族】ダヘとギウとの関係について

※ここからはストーリー上のネタバレも含みますので注意してお読みください!

ダヘはギウと付き合っている?

ダヘはギウと付き合っている?

結論、恋人同士になっていました!

ストーリー中盤からかなり怪しい仲になっていましたよね。

最初は、家庭教師と生徒だったのに・・・

どんどん、オイオイ!まじかよ!という関係になっていきます。

友人ミニョクから、他の男に手を出されたくないからギウを選んだと言われたのに・・・

見事にギウは友人の信頼を裏切ってしまう結果となってしまいましたね!!

貧しい半地下から、自分の演技の才能で高額な仕事を勝ち取った、男の成れの果てって感じですかね~

結果、一時は良かったですが、とんでもない結末を迎えるとはこの時は本人も見てる観客も、想像することはできませんでしたが、人をだますって良くないということは基本だということが痛感させられるエピソードでした!

スポンサーリンク

ダヘは魔性の女?

こんな衝撃的なシーンもありましたね!

こんなにすぐ仲良くなるというか急接近知てよいのか!

と思いましたが、それがダヘとギウなんですね~

お互いの燃え上がる条件が揃ったって感じですが、ダヘのほうもまんざらではない・・・感じがするので、お互いドロドロしていて面白いですぞ~笑

※また視聴者も恋する人が続出し、濃い(恋)ツイートがたくさんつぶやかれていましたね!

まさに魔性の女!

ダヘは実は半地下寄りな気質が?

友人ミニョクにも気があったと思われる反面、

実は本当にギウにも惹かれていたかもしれません。

上記ツイートにもあるような、たしかに富裕層気質な他の家族を「かわいそうなひとたち」とつぶやいていたシーンもありましたね。

あくまでも推測にすぎませんが、両親の愛情が希薄でうわべだけの豊かさよりも、泥臭い愛情や絆のほうを求めていたのでは?とも思います。

 

ダヘはミニョクとも関係あった?

ダヘはミニョクとも関係あった?

ギウはミニョクとは友人同士だけど、どこかライバル視もしていたと思われます。

なので、ライバルから彼女奪ってやったぜー!どうだー!

的な思いもあったんじゃないですかね!

今まで、先に大学生になったりと、人生においてコンプレックスを感じていたけど

これでどうだ!みたいな優越感は絶対ありましたよね。

確かに、ダヘは家庭のなかでは孤独で、人との触れ合いに飢えているようにも見えました。

実は優しくしてくれる人なら誰でも良いんじゃないかな~と思わせる軽さでしたね。

ギウも、こんなに簡単に?と、拍子抜けするような感じもありましたね。

ミニョクが勝手に思っているだけという説もありますが、最初ダヘはミニョクのことを思っているように感じるシーンもありましたよね。

ミニョクもそう思うだけの根拠があっての、「付き合う」というセリフだった思います。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでの内容で、映画パラサイト半地下の家族の謎の一つである

ダヘを花に例えると何か?

ダヘとギウとの関係ついて考察と解説をしてきました。

 

以下まとめです。

 

・ダヘを花に例えると「牡丹

・ダヘはギウと恋人関係になった。

・ギウは女性慣れしている。

・ダヘは魔性の女かもしれない。

・ダヘは実はミニョクとも恋人関係にあったと思われる。

・ダヘは実は半地下寄りな気質があったかもしれない。

 

パラサイト半地下の家族は本当に考察しがいのある映画だと思います。

ところどころに謎や伏線、暗喩やメタファーが散りばめられていて凄いです・・

もう一度というか、何度でもじっくり見て、味わいたくなりますね!

 

それでは、最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

 

感謝!

コメント

タイトルとURLをコピーしました