【チェンソーマン】マキマの正体は?能力や目的についても考察!

【チェンソーマン】マキマの正体は?能力や目的についても考察! 漫画

週間少年ジャンプにて連載終了後アニメ化が決定した「チェンソーマン

そのチェンソーマンでのメインキャラクターの1人「マキマ」

作中ではその正体については明らかになりましたが、

細かい描写で見落としてしまうたくさんの伏線があり、疑問に思ったり気になりましたよね?

 

そこでこの記事では、マキマの正体や能力、目的についても考察します!

とっても魅力的ですが、恐ろしいキャラでもありますね~

 

それでは、最後までゆっくりとご覧ください。

スポンサーリンク

【チェンソーマン】マキマの正体は?

結論、正体はもう最終話を迎えた漫画本編で出てしまっています。

マキマは支配の悪魔」です。

見た目は普通の人間に見えるんですけどね。

主人公デンジも見た目は普通の人間ですが、エンジンを始動させるスターターのような紐が胸からでています。マキマにはそのような外見的特徴は特にありませんでした。

その他の周辺情報を整理して、色々と考察していきます。

マキマの正体は支配の悪魔

マキマは支配の悪魔

漫画本編でのシーンですが、日本の内閣総理大臣からアメリカの大統領にむけての衝撃的なお願いでした。

最強の悪魔の1つとされる「銃の悪魔」を復活させ、マキマを殺させようという作戦です。

マキマの正体は支配の悪魔でしたが、普段は公安で働く普通の人間として過ごしていました。

その正体を知るものは、政府や公安の一握りの人間だけだったようです。

マキナは表向きは公安のデビルハンター

マキマは表向きは内閣官房長官直属のデビルハンターと説明されています。

また一般のデビルハンターではマキマの契約している悪魔を知ることは許されないとされ、作中では契約悪魔の説明は一切ありませんでした。

後に様々な能力を使用するのですが、実際にマキマが悪魔や魔人と戦うシーンはなく、マキマは命令を下す管理職として、公安所属の部下たちが戦うという仕組みになっています。

最終話を迎えた。今思うと、チェンソーマンは第1話からもうすでにマキマは主人公デンジを支配しにかかっていますね。

作中では序盤はたまたまデンジと出会ったという設定になっていますが、クライマックス付近で明らかになったマキマの作戦によれば、最初からすべて仕込まれたいたこと。

すでにデンジのことを知っていたと推測できます。

マキマの正体は犬好き!スイーツも作る!

公安本部の上の階にある

マキマの家にデンジが招待された時の衝撃的なシーンです。

何頭いるんだろう・・・7頭は確認できますね。

それぞれ、お菓子の名前がついているようです。

テイラミスとシュークリームの2頭だけは名前で呼んでいました。

7頭の犬のブリーダーであるほか、テイラミスも作っちゃう!

なかなか、お一人様女子を満喫しているようにも見えます。

普通の幸せそうな女性なんですよね~。

支配の悪魔って考えるとはやり支配できる存在=犬という暗喩でしょうか。

7匹ということ、数字にも何か謎がかくされているような気もします。

マキマの正体は映画マニア(重要な伏線)

マキマの正体は映画マニア

どんだけの映画見るんだ!

というくらい映画みますね~。

2時間だとしても5本くらいですかね!感情が動くものを探していたと思われます。

この映画のワンシーンは実は後の、大きな伏線の1つでした

登場人物が抱きっているシーンで、デンジがふと隣のマキマを見ると泣いているんですね~

マキマが泣いたシーンは、これがあとにも先にも最後でした。

マキマの感情がこれほどまでに動いた「抱きしめるシーン」

このことが実は重要な伏線であり、全てを物語っていたんです。

そして、一切デンジのことを見ません!恋心としては切ないですよね~。

番外編:マキマの正体は酒豪!

8杯は1人で飲んでいるでしょうか!

お酒好きですね!

誰も勝てなかったようです。人間じゃないので当たり前か?

わたしは酔わなかった

そんなことを言いそうになるシーンです笑

ラストではナユタという少女に転生

今後の活躍が期待されますね!

【チェンソーマン】マキマの能力は?

支配の悪魔であるマキマには、作中で様々な能力を使用します。

たくさんありますので、1つずつ解説していきます。

撃たれても死なない能力

 

遠隔で圧死させる能力

睨むだけで鼻血と吐血させる能力

 

 

小動物を操ることができる能力

グキっ

支配した者の能力を使って召喚する能力

銃のような攻撃能力「ぱん」

ぱん

マキマの能力のなかではこれが一番怖いかも。

かわいい声で「ぱん」

これだけでマグナムで撃たれたような破壊力があるんですもの!

電車内の襲撃班にも、確実にこれ使ってましたよね。

【チェンソーマン】マキマの目的は?

マキマの目的は、意外にもシンプルなものでした。

寂しかったので、他者からの無条件の愛がほしかったんだよね~ということが分かります。

表向きは、銃の悪魔を倒し世界に平和を作るということでしたが、

そのやり方はチェンソーマンを利用して全てのネガティブな概念を悪魔を滅ぼすというむちゃくちゃなものでした。

銃の悪魔を倒すことは「表」の目的だった。

マキマは岸辺にも、そのうわべの目的は見抜かれていましたね。

 

皆家族のような安心な世界を作ることが「真の目的」だった

しかし、そのやり方を間違ってしまったようですね。

難しいことをしようとせず、実は、身近にその世界はあったかもしれないと思うと切ないです。

対等に自分を認めてくれて、抱きしめてくれる存在がほしかった。

そのために、同じ最強の存在であるチェンソーマンを求めていたんですね。

そしてそのチェンソーマンと対等で愛のある生活をするために、デンジを犠牲にしようとしたところが間違いでした。

やはり、他者を犠牲にした幸せって、訪れないんだよな~ってことが痛感できるエピソードでした。

マキマの正体や能力と目的についてのまとめ

【チェンソーマン】マキマの正体は?能力や目的についても考察!

ここまでの内容で、マキマの正体や能力、目的について解説してきました。

以下まとめです。

・マキマの正体は「支配の悪魔
現在は「ナユタ」という少女に転生した。
・マキマの能力は支配した他者の能力を使うことができる
・マキマの目的は家族のような抱きしめ合える世界をつくりたかった(寂しかった)

かなり長い記事になってしまいましたが、

これであなたも立派な「マキマニア」ですね!

一緒いハグをして平和な世界を築いていきましょう~

 

※チェンソーマンについてより詳しく知るための参考記事

 

 

それでは、最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

 

感謝!

コメント

タイトルとURLをコピーしました